注意したい

内部結露は大きな問題

最近の一戸建ては、断熱性能と気密性能が格段に向上しています。結果、省エネルギー性も高まりました。しかし、結露が発生しやすいと言う新たな問題も出てきています。 結露には表面結露と内部結露があるのですが、一戸建てにとって内部結露は大きな問題です。内部結露が起きないように対策をしないと、構造材を腐らせてしまうことになります。せっかく建てた一戸建ての寿命を縮めることになるので、注意しましょう。 また、気密化が進んだことで、換気をする回数が減ってきていると言われています。換気量が減ると湿気が室内にこもり、ダニやカビが発生しやすくなるので、これにも注意が必要です。洗濯物を室内に干すのは極力避けるようにしましょう。

結露対策はどうすればいいか

一戸建てを建ててから、結露が起こりやすいと言うことに気づく人が多いでしょう。計画の時点で結露対策をしておけばよかったと思うでしょうが、結露対策はDIYでもできるので落胆する必要はありません。 結露対策をする箇所と言えば窓です。窓ガラスの気温差を防ぐことが基本ですが、そのためには窓の断熱効果を高めないといけません。断熱シートを貼ると言うのが一般的ですが、断熱効果のあるスプレーもあります。断熱シートを使う場合は、無色透明のものを選びましょう、窓からの景観を損なうことがありません。 発生した結露は放置するとカビの原因になります。窓の下側に吸水シートを貼っておきましょう。たれてくる水分を吸収してくれます。